真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:80系初期車( 116 )


 サハの床板に1.0×1.5真鍮角材を使って梁を表現します。
c0141782_16103297.jpg

c0141782_18394815.jpg
 今回はココまでです。



 この種の工作に対し、「線路に乗せれば見えない」とか「走らせれば分からい」的な意見もありますが、模型には手に取って眺める楽しみもありますからね。



 手に取って裏返したら幻滅と、脱がせたらボーボーダルダルで幻滅はイマイチです。

by genta-nozz | 2018-08-03 16:16 | 80系初期車 | Comments(4)
 ようやく下回りに着手です。



 先ずはサハからです。



 エコーモデルさんのt1.0床板にケガキ線を入れて孔あけをします。
c0141782_15071021.jpg


 ココまでです。

by genta-nozz | 2018-08-02 15:10 | 80系初期車 | Comments(0)
 2両のクハの客室部に夕庵式室内灯を組み込みます。
c0141782_17424988.jpg


 コレでようやく車体周りの工作が完了です。

by genta-nozz | 2018-07-30 17:43 | 80系初期車 | Comments(0)
 タップを切ったアングルに前照灯基盤をビス留めします。



 コレは3枚窓。
c0141782_14223577.jpg


 コレは湘南顔。
c0141782_14222432.jpg


 運転室からデッキにかけて盛大に寝そべっているような感じですが、窓より低い位置に設定してあるので覗き込まない限り目立たないです。

by genta-nozz | 2018-07-26 14:26 | 80系初期車 | Comments(0)
 前照灯基盤を作ります。
c0141782_14101777.jpg

 フル点灯にしたので、上段は前照灯と番号灯、下段は尾灯の2階建てになってます。


 チップタイプを使えばもっとコンパクトに納まると思いますが、悲しいかな視力が追い付きません。

by genta-nozz | 2018-07-23 14:13 | 80系初期車 | Comments(0)
 連日うだるような暑さが続き、鉄モ工作も停滞気味です。



 それでも、放置していては永遠に完成しないので、ボチボチ進めます。



 前照灯基盤に必要なLEDにコードを付けます。
c0141782_13364235.jpg


 工作はコレだけです。

by genta-nozz | 2018-07-17 13:40 | 80系初期車 | Comments(0)
 連結面側の仕切り板を付けます。
c0141782_15455755.jpg

 仕切り板には夕庵式室内灯の接点をビス留めする為のアングルを付けてあります。

by genta-nozz | 2018-07-12 15:47 | 80系初期車 | Comments(2)
 デッキと客室部との仕切り板を追加して、アングルを付けます。
c0141782_13022958.jpg

 アングルにタップを立てる面は板を貼り重ねて1mm以上の板厚を確保し、ネジ山がバカになりにくいようにしています。

by genta-nozz | 2018-07-10 12:41 | 80系初期車 | Comments(0)
 湘南顔のクハにも真鍮角パイプから作ったLEDケースと仕切り板を付けます。
c0141782_13024489.jpg

 湘南顔は横から見ても上から見ても後退角があるので、それに合わせてLEDケースを削り出すのは面倒でした。

by genta-nozz | 2018-07-09 13:06 | 80系初期車 | Comments(0)
 デッキと客室との仕切り板を付けて、アングルを付けます。
c0141782_22433601.jpg


 前照灯基盤は運転室とデッキに横たわるような配置になります。

by genta-nozz | 2018-07-02 22:53 | 80系初期車 | Comments(0)