真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

こんどは宮崎ですかぁ~

 先日、奄美大島ナイトライフを堪能した弟子1号どのよりメールが届きました。



 今回は宮崎のようです。



 先ずは、私も何回も訪れた「おくのうどん」店さん。
c0141782_15165000.jpg


 九州のうどんて絶望的なまでに柔らくてコシが無いですが、出汁がタップリ効いて美味しいです。
c0141782_15163565.jpg

 私も通ううちにファンになりました。



 弟子1号どのが、うどんだけで治まるワケもなく、まだ明るいうちから宮崎きっての歓楽街「ニシタチ」に繰り出したようです。
c0141782_15162570.jpg


 弟子1号どのが選んだ店内です。
c0141782_15161433.jpg

 店内ガラガラなんですけど・・・。どれだけ早い時間から突撃したんでしょうか・・・。



 弟子1号どのが好物そうな「りか嬢」と乾杯してます。
c0141782_15160278.jpg


 背中から、お腹から、かき集めて、固定しました感がプンプンしますが、弟子1号どのの大好物です。
c0141782_15155117.jpg


 2人目は「なつき嬢」。
c0141782_15153862.jpg

 コチラは偽装感ゼロですが、弟子1号どのの好物ではないらしく、送られてきた画像はこの1枚のみでした。


 翌日は本物のキハ20の先頭部が鎮座している喫茶「ろくろ」を訪れたようです。
c0141782_15152135.jpg

 送られてきた鉄ヲタ画像もコレ1枚だけでした。

# by genta-nozz | 2018-06-25 15:34 | 鹿児島の地から・・・ | Comments(2)
 モハ80への室内灯組み込みも、ようやく最後の1両になりました。



 例によって基盤を準備して・・・。
c0141782_12310486.jpg


 組み込みます。
c0141782_12305488.jpg


 サハを含む4両が終了です。
c0141782_12304497.jpg


 あとはクハの2両です。

# by genta-nozz | 2018-06-22 12:34 | 80系初期車 | Comments(0)
 夕庵式室内灯に接点用の基盤を追加して・・・。
c0141782_10262882.jpg


 車体に組み込みます。
c0141782_10261857.jpg


 モハも残すところ1両となりました。

# by genta-nozz | 2018-06-20 10:28 | 80系初期車 | Comments(0)
 例によって仕切り板を付け、それにアングルを付けます。
c0141782_13434522.jpg


 アングルにはタップを切るので、板を貼り重ねて板厚を確保しています。

# by genta-nozz | 2018-06-18 13:45 | 80系初期車 | Comments(0)
 夕庵式室内灯をビス留めします。
c0141782_11533484.jpg


 表面をヤスって傷付けたアクリル棒を真鍮パイプを介して固定します。
c0141782_11532266.jpg


 点灯試験です。
c0141782_11530445.jpg


 光量も十分です。



 夕庵式室内灯は廉価で製作も容易な優れモノだと思います。

# by genta-nozz | 2018-06-06 11:58 | 80系初期車 | Comments(4)
 今回から3両のモハに夕庵式室内灯を付けます。



 パンタ側に仕切り板を付けて・・・。
c0141782_14023992.jpg


 反対側に仕切り板とアングルを付けます。
c0141782_14022634.jpg


 似たような画像が続きますが編成モノなので仕方ないところです。

# by genta-nozz | 2018-06-05 14:06 | 80系初期車 | Comments(0)
 屋根裏に付けておいた台座に夕庵式室内灯基盤をビス留めします。
c0141782_12592871.jpg


 妻板に付けたアングルに下回りとの分離を容易にするための金具をビス留めします。
c0141782_12591888.jpg


 3mmのアクリル棒を真鍮パイプを介して組み込みます。
c0141782_12590873.jpg


 画像に写っている横梁は、最後に切り取る予定です。

# by genta-nozz | 2018-06-04 13:04 | 80系初期車 | Comments(0)
 t0.6真鍮板より仕切り板を切り出します。
c0141782_13443096.jpg

 資料に恵まれなかったので、窓寸法などは適当です。t0.6を使ったのは薄いとペコペコして扱いにくいためで、大した意味はありません。



 ハンダ付けです。
c0141782_13441900.jpg


 反対側の仕切り板には2.0mmのタップを切ったアングルを付けておきます。
c0141782_13440758.jpg


 この後は夕庵式室内灯の組み込みです。

# by genta-nozz | 2018-06-01 13:50 | 80系初期車 | Comments(0)
 パンタ鉤外しの残りを付けます。
c0141782_15134150.jpg


 コレでパンタ周りの配管作業は終わりです。

# by genta-nozz | 2018-05-30 15:15 | 80系初期車 | Comments(0)
 作用管とパンタ鉤外しロッドとの間に設けられている手摺を2個付けます。
c0141782_14534335.jpg


 たったコレだけの工作ですが、手を動かせば動かした分だけ完成に近付くはずです。

# by genta-nozz | 2018-05-29 14:55 | 80系初期車 | Comments(0)
 期待してくれた方がいるのかどうか分かりませんが、弟子1号どのの奄美大島出張の続きです。



 乾杯の図です。
c0141782_12270274.jpg


 左側の方は「真矢●き」っぽく見えましたけど・・・。
c0141782_12264621.jpg

 ご自分の頬に指を当てて写る還暦間際のオッサンのセンスは如何なものかと(笑)。




 世の中には「胸さわっていい?」「縛っていい?」と言っただけで糾弾される役人さんもいるのに・・・。
c0141782_12263379.jpg

 こんな破顔した弟子1号どのを見たのは生涯初です。



 でもでもでも~。



 デ●専じゃない私からすると、羨ましいと言うより、そのチャレンジャー精神に乾杯です(爆)。



 弟子1号どののお見苦しい痴態画像が続いた(コレでもかなり厳選したつもりです)のでお目直しの1枚です。
c0141782_12261486.jpg


 「え~っ。これぢゃお目直しにならねーよ」と感じた方がいらっしゃたとしたら、その責は弟子1号どのから送られてきた画像にありますんでお手柔らかにです(爆)。


# by genta-nozz | 2018-05-28 12:50 | 鹿児島の地から・・・ | Comments(2)

AKBnで新規開拓

 久し振りに訪れるAKBn駅です。
c0141782_12074643.jpg


 健全な呑み人なら東口を出て左折してココへ向かいますが・・・。
c0141782_12073545.jpg

 敢えて右折します。



 と言っても「忍者・パ●ドン」やら「百●石」やら「たい●くかん」には用が無く、向かったのはこのお店です。
c0141782_12072306.jpg

 「特価 昼飲み‼」の看板が嬉しいです。いくら食品の単価が安くても、ドリンクが高いと会計金額に驚くのは何回も経験してますから。



 「特価 昼飲み‼」のご好意に甘えて乾杯です。
c0141782_12071194.jpg


 肉いろいろ。
c0141782_12070196.jpg


 この梅ドレッシングがサッパリしていて美味しいです。
c0141782_12065028.jpg


 肉を追加します。
c0141782_12063312.jpg


 お腹一杯です。散々呑み食いして比較的リーズナブルだったのも庶民の私にとって高ポイントです。



 AKBnの街を歩いているとパトカーやら覆面が集合して物々しい雰囲気です。
c0141782_12062077.jpg


 でもでもでも~。AKBnやKSJやSKW辺りだと、日常的光景と思えますね~(爆)。



# by genta-nozz | 2018-05-27 23:59 | ぐるめ | Comments(4)

久し振りの餃子

 大人しく家呑みです。



 ニンニクとコショウをタップリ効かせた餃子を準備して・・・。
c0141782_12024464.jpg


 乾杯です。
c0141782_12023338.jpg


 どんなに酔っても、そのまま横になれる家呑みは気楽です。

# by genta-nozz | 2018-05-26 23:59 | 呑み会 | Comments(0)

仕事したのかなぁ??

 奄美大島への出張から無事に鹿児島へ戻った弟子1号どのから画像が送られてきました。



 転載の許可を得ましたんで、弟子1号どののキャプションと共にお楽しみください。



 「鹿児島から奄美に移動する際に搭乗したJAC(日本エアコミューター)のDHC8ーQ400から見た桜島。ちょうど噴火中。
 この機体は翼が機体の上に付いた高翼機なのでこの様な撮影には最適。でもプロペラ機のせいかよく揺れる。」
c0141782_11462619.jpg




 「奄美空港から島一番の町である奄美市(名瀬)に向かうバスの車内より撮影した途中の龍郷町にある火力発電所と海。海がとても綺麗。
 この発電所が奄美で一番大きな物。壊れたら全島が停電するのかなあ?奄美市内にもこれより小ぶりの火力発電所があるけど多分 ここが島内の電力のかなりの部分を供給している模様です。(あとで調べたら出力60000KWで島内の6割の電力を供給 奄美市のは21000KW)。」
c0141782_11461729.jpg


 「奄美市付近の海の様子。町の近くなのにかなり綺麗。」
c0141782_11460890.jpg


 「奄美で一番の繁華街の屋仁川。沢山の飲食店やおねえちゃんのいるお店があり賑わっております。南国なのでのみ時間も長く深夜
まで営業している店も多数あり。」
c0141782_11455805.jpg


 「奄美に来たら島料理を。「島野菜の煮物」と「豚みそ」。煮物の味付けは少し甘めかも。豚みそは鹿児島本土にもあるが似て非なる物です。
奄美の豚みその方が酒のツマミには良いと思うが・・・? 他に豚の代わりに魚を使った「魚みそ」も絶品。黒糖焼酎が進みます。」
c0141782_11454693.jpg


 「奄美の名物料理の一つで ある「油そうめん」。簡単に言うとそうめんの油炒めなのだが想像以上に美味しい。店によっても味や具材が異なり面白い。
 この店は具材が少ないが味が絶品で〆には最高。因みに画像⑤と⑥の料理は屋仁川にある「木の花」。他におススメは「木の花茶漬け」(一般的な鶏飯とは異なりこれも絶品)。3000円でお任せ料理と飲み放題が付きお腹か一杯になります。」
c0141782_11453674.jpg






 ここまで、島レポに街レポにグルメレポと続いていたんですが、弟子1号どのの本領はココから炸裂です。






 「食事も済んだら師匠もお待ちかねのムフフタイムへ。一人で行くのは盛り上がりに欠けるので奄美に駐在中の鹿児島の模型仲間のF氏と
いつもの「ジュエル」へ。
 このお店一人一時間3000円飲み放題の良心的なお店。この界隈はおねえちゃんがいるお店でも3000円くらいが一般的。で、F氏と私とA嬢で乾杯。」
c0141782_11452842.jpg


 「嬉しそうにA嬢と盛り上がるF氏。良かった良かった。」
c0141782_11451766.jpg


 「A嬢のサービス?ショット。微乳ファン向けか。もちろんご本人の許諾は頂いての撮影ですのでご安心を(笑)。」
c0141782_11450327.jpg

c0141782_11445240.jpg


 この後も続きます。財務省関係者が見たら脱糞して悔しがりそうなセクハラ(?)画像です。



 お楽しみ・・・。って楽しみにしてくれる人いますかね・・・。

# by genta-nozz | 2018-05-25 12:11 | 鹿児島の地から・・・ | Comments(4)
 作用管の工作が3両ともようやく終わりました。
c0141782_14055024.jpg


 0.3mm燐青銅線と工房ひろさんのロストワックスパーツを使用しています。



 燐青銅線のコシがなくなるのが嫌でナマさずに使いましたが、実車は絶縁の為にゴム管を使っていいます。ゴムの柔らかい雰囲気を出すにはナマした方が良かったのか、悩むところです。

# by genta-nozz | 2018-05-24 14:11 | 80系初期車 | Comments(0)