真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz

夢屋 DF91 その11

 MPのシャフトをパイプで繋いで3軸直結にしていましたが、クモハ32000様のアドバイスに従ってジョイントを入れて2軸+1軸にしました。
c0141782_8535920.jpg

 軸距離を変更するときに曲げてしまったシャフトも交換しました。

 今まで無事に走っていたので「ま、いっか」と済ましていましたが、いろいろ欲が出まして・・・。せっかくフライホイールを装着したのですから、少しでも走りを良くしたいと思いました。

 下回りを先に作る(自走するようにする)のは考え物です。走行テストと称し、走らせて(遊んで)ばかりいます。お陰で車体の工作が・・・進みません。
# by genta-nozz | 2008-03-24 09:00 | DF91 | Comments(8)

夢屋 DF91 その10

 クモハ32000様のご好意でフライホイールを作っていただけるコトになりました。が、嵩上げした床板のため搭載するスペースが有りません。
c0141782_14312576.jpg

 床板を作り直してウエイトを前方にズラしました。
c0141782_1433018.jpg

 これでスペースが出来ました。

 クモハ32000様のお宅に伺って、目の前で挽いてもらいました。旋盤作業を初めて見ましたが、木製バット削りのバットを真鍮丸棒に置き換えた感じです。丸棒がサクサク削れているのは見ていても楽しそうです。

 さっそく取り付けました。
c0141782_1439311.jpg

 フライホイールがモーター軸にキッチリ(決してキツイという意味ではありません)挿入できます。接着などしないで圧入しているだけなのに、モーター軸と一緒に回転します。少しの力でフライホイールをズラすことができます。抜群の精度に驚きました。

 パワーパックの電源を入れると極めて滑らかに走ります。走りの質が明らかに変わりました。

 クモハ32000様、有難うございました。上回りの製作に気合が入りました。
# by genta-nozz | 2008-03-23 14:50 | DF91 | Comments(2)

夢屋 DF91 その9

 動力装置を組み込んで試運転をしました。MPを使用しているので当たり前ですが、ちゃんと走ると嬉しいです。
 R610の直結Sカーブを走らせました。
c0141782_1453515.jpg

 無事に通過します。これならTCCのレイアウトは楽勝で走ります。

 ウエイトが屋根に当たりそうです。低くする予定ですが、切るのも削るのも鉛だから大変です。

 勾配部も走らせました。かなり極端な勾配ですが・・・。
c0141782_1459417.jpg

 第3動輪が完全に浮いています。3軸固定なので仕方ありません。
c0141782_1505327.jpg

 ここまで通過すればフレームスペーサーを使った効果が確認できます。

 池袋車両工場様より「モーターのトルクによる揺れに注意せよ」との連絡を頂きましたが、これは優しい運転を心がけることで対処したいと思います。
# by genta-nozz | 2008-03-20 15:16 | DF91 | Comments(8)

夢屋 DF91 その8

 t1.0真鍮板から床板を切出しました。
c0141782_983211.jpg

 キットのギヤーボックスより高くなってしまったので床板を嵩上げします。
c0141782_910576.jpg

 ちゃんと走ってくれるでしょうか・・・。
# by genta-nozz | 2008-03-19 09:13 | DF91 | Comments(0)

夢屋 DF91 その7

 少しでも走行性能を良くする工作が続きます。
c0141782_1031652.jpg

 これで台車がシーソーします。

 3軸固定台車で意味があるのかとも思いますが、横から見て6軸固定状態と3軸-3軸では多少効果があるかなと考えました。
# by genta-nozz | 2008-03-18 10:09 | DF91 | Comments(2)

夢屋 DF91 その6

 t1.0真鍮板を4枚貼り合せて切りました。
c0141782_12552479.jpg

 同じ形状のものを作るときは、抜くのが大変でも貼り合せた方が楽です。仕上げも4枚一緒にヤスります。

 アダチのフレームスペーサーを付けました。
c0141782_12574566.jpg

 これもDF91に使用します。
# by genta-nozz | 2008-03-17 13:06 | DF91 | Comments(0)

夢屋 DF91 その5

 台車枠にアングルを付けました。
c0141782_12504138.jpg

 模型店で売っているプレスで曲げたアングルは、直角が出ていないモノが多いので使いませんでした。

 代わりに引き抜き材と思われるアングルを見つけました。板厚が1.2mmもあり、10mm角なので糸ノコで小さくしました。何本のノコ歯を折ったことか・・・。思い出したくもありません。

 先日切出した枕梁を付けたのが下の画像です。
c0141782_12561751.jpg

 当初は上からビス止めするつもりでしたが、アングルにタップが立てられません。引き抜き材だからでしょうか?キリコも螺旋状でなく粉状のが出ました。

 奇跡的に3軸ともレールに接しました。カタカタと踊ることも無く、ホッとしています。
# by genta-nozz | 2008-03-15 13:03 | DF91 | Comments(0)

夢屋 DF91 その4

 枕梁をt1.0真鍮板から切りました。
c0141782_9385324.jpg

 手を動かしているより台車枠を片手に考えている時間のほうが長かったです。

 台車枠にアングルを付けて上からビス止めの予定です。
# by genta-nozz | 2008-03-14 09:52 | DF91 | Comments(2)
 前回の続きです。

 スハフ42です。
c0141782_92522.jpg

 オハフ46です。
c0141782_931811.jpg

 アングルで代用した端梁がチープです。

 新しい資料が見つかり不満が噴出しています。
# by genta-nozz | 2008-03-13 09:08 | 43系客車 | Comments(6)

夢屋 DF91 その3

 MPギヤー化するために台車枠を加工しました。
c0141782_109521.jpg

 上から未加工、穴あけ、ブッシュ挿入です。軸箱のセンターにポンチ孔があったので助かりました。
 第2動輪のブッシュを深く埋めて横動に対応させれば良かったかも知れません。

 MPギヤーを組み込みました。
c0141782_10122018.jpg

 エンドウの旧型電機F級用と夢屋のMP対応12.5mmスポーク車輪を使用しました。途中で切れているシャフトはパイプかシリコンチューブで結びます。
# by genta-nozz | 2008-03-10 10:32 | DF91 | Comments(6)
 締切りコック・渦巻き塵取りの取り付けが終わりましたので、車体を組んでみました。

 水タンクは別塗り後に接着するので付けていません。
c0141782_1575131.jpg

 反対側です。
c0141782_1510234.jpg

 T型継ぎ手の加工は歩留まりが悪すぎるので断念しました。

 端梁にジャンパー栓を付けました。エコーモデルのホワイトメタルパーツです。
c0141782_15111997.jpg

 妻板に加工したカプラー胴受けの切込みが少し大きかったです。
# by genta-nozz | 2008-03-08 15:15 | 43系客車 | Comments(0)

東武博物館です。

 日曜日に東向島駅にある東武博物館へ行ってきました。

 お目当てはED5016機関車です。複雑な配管です。
c0141782_1656560.jpg

 反対側はだいぶスッキリしています。左側へ延びている配管はエアーホースへ続いていました。上の画像では右側へ延びているパイプがそれです。
c0141782_16565548.jpg

 解りづらい画像ですが、デッキ下の梁です。実に頑丈そうです。ATS車上子が取り付けられています。
c0141782_16582124.jpg

 パンタへ延びる配管です。点対称の位置になっていました。
c0141782_17016.jpg

 上の画像の反対側です。避雷器は同じ側に付いています。東武独特のパンタ台です。一段碍子を介してパンタが乗っているんですね。
c0141782_1714849.jpg

 
 実物を見に行った訳は、カツミのDF50を入手したばかりなのに夢屋のED5010を購入してしまったからです(汗)。
# by genta-nozz | 2008-03-05 17:16 | 撮り鉄 | Comments(4)
 1年近く放置状態のキハ82系です。

 キハ82です。
c0141782_98782.jpg

 ロストワックス製のヘッドライトケースが入っていましたが、形状が平べったかったので自作しました。貫通ドアの窓は上と左右に広げました。運転室窓は0.5mm角線で作り直しました。エンブレムはドアに埋まっているようになっているので作り直します。

 キハ80です。
c0141782_9115318.jpg

 換気ダクトを1.5mm角線で表現しました。キットの客用ドアはHゴムをプレスで押し出しています。これではHゴムが当たってドアが開かない(?)ので、真鍮板からドアを切り出し、キットのからHゴム部を切出して嵌め込みました。

 キロ80です。
c0141782_9165443.jpg

 非常口(キハ80とも)のプレスが浅かったので、切り抜いて新製した板を嵌め込みました。その上の水切りは0.3mm線で表現しています。

 キシ80です。
c0141782_9205444.jpg

 このドアも新製しました。

 室内です。
c0141782_9214294.jpg

 カツミのパネルライトを使用しています。
 床上に見える板状のものは照明の集電用です。機能的には不完全でしたが2回路ドローバーを自作して7両全てを電気的に結びました。チラつき防止のためです。

 放置状態にしている理由がコレです。
c0141782_926185.jpg

 床板が入りません(号泣)。車体とスカートの段差をあまり付けたくなかったもので・・・。塗る前からキツかったのですが、塗ったら完全に入らなくなりました。
 スカート部を車体に付けて作り直す予定です。

 オマケです。
c0141782_93149100.jpg

 数年前に某模型店の委託品コーナーで数両購入できたのでキハ82-900を作ろうとしました。車体を輪切りにしなかったのは、車体が「く」の字になったり全長が狂うのを防止するためと、繋ぎ目の大部分が雨樋に隠れるからです。

 この車両は陽の目を見ません。前面の工作中に落としてしまい、慌てて拾おうとして椅子のキャスターで潰してしまいました(涙)。
# by genta-nozz | 2008-03-04 09:46 | キハ82系 | Comments(8)
 エコーモデルのドア下ステップが品切れ中ですので床下の工作を進めました。

 今回使用したパーツはエコーモデル製です。
c0141782_8413797.jpg

 弁装置の隣に締切りコックを付けます。ピンセットから弾き飛ばして行方不明にすること数回。結局、ピンセットに両面テープを巻きつけることで解決しました。
 もっと早く思いつけばパーツを無駄にすることがなかったのに・・・。

 ブレーキシリンダー周りです。
c0141782_8465488.jpg

 配管ステーは0.8mmの洋白角線です。空気管と接するところはヤスリで溝を入れました。

 渦巻き塵取りを付けると締切りコックが取れ、締切りコックを付けると渦巻き塵取りが外れの繰り返しでした(大汗)。

 ロストワックスパーツにはロウが残っているため、ハンダが流れづらかったのには困りました。「付いたーっ!」と思っても、後でポロッと取れたときはヘコみます。ロウを落とせばいいのですが、0.5mm幅の溝に付着しているロウを取る術を知りません。

 昨晩かけてこれだけです。
# by genta-nozz | 2008-03-03 09:00 | 43系客車 | Comments(8)
 縦管・キャンバス留めの工作もようやく終わりました。
c0141782_2059438.jpg

 スハフ42の2両です。

 このあとドア下ステップを付ければ車体は完成します。
# by genta-nozz | 2008-03-02 21:00 | 43系客車 | Comments(0)