真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

夢屋 DF91 その49

 帯のマスキングをしました。
c0141782_8413843.jpg

 貫通扉下にあるスノコ状ステップの断面も白に塗られていますが、マスキングが大変なので筆塗りにしました。

 朱を吹きました。
c0141782_844138.jpg

 次はグレーです。スノコ状ステップの上面は朱なのかグレーなのか・・・。知りません。
# by genta-nozz | 2008-06-16 08:45 | DF91 | Comments(21)

夢屋 DF91 その48

 週末の天気も良好だったのでDF91の塗装をしました。
c0141782_17491641.jpg

 車内を黄緑に塗って、外側に帯部の白を吹いたところです。

 窓部を忘れずに塞いでおかないと白が吹き込んでしまいます。マスキングテープを使うと膜ができるので新聞紙を使っています。発色が良くなることを期待して全面に吹きました。

 色を塗ると今まで気付かなかったキズが目立ちますね。前面の接合部に筋が浮いてますし、プレスで表現された点検蓋も塗料に埋まって目立たないし、埃も付いてしまいました。
# by genta-nozz | 2008-06-15 18:01 | DF91 | Comments(2)
 室内灯をビス留めするための治具を作りました。
c0141782_10411555.jpg

 横の角材は車体全長に切りました。パンタやクーラーの取付孔に干渉しない位置に台座用の孔を開けてあります。縦の角材は車体内幅に切っておきます。

 室内灯の台座を作ります。
c0141782_10453729.jpg

 今までエコーモデルのカプラー台を使っていましたが、手許に無いので角材を利用しました。2mmのタップを切ったあと切断します。

 治具に台座をビス留めしました。
c0141782_10484475.jpg


 車体に嵌めたとこです。
c0141782_10492890.jpg

 台座をハンダで仮留めして、治具を外してから本格的に流します。

 こうすれば全車、同じ位置に台座を付けられると思います。各車に適当な位置に付けてしまうと室内灯の互換性が取れません。いちいち台座の位置に合わせて室内灯に孔を開けるのも大変です。

 室内灯はKATO製を使う予定です。
# by genta-nozz | 2008-06-13 11:01 | 東武鉄道8000系 | Comments(5)
 ようやくドア貼りが終わりました。
c0141782_9181183.jpg

 乗務員ドアはバランサータイプにするので週末に模型屋さんに行こうと思います。
# by genta-nozz | 2008-06-12 09:24 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)
 ドア貼りの続きです。
c0141782_9164581.jpg

 更新顔の4連はHゴム無しタイプにしました。
# by genta-nozz | 2008-06-11 09:18 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)
 乗務員ドアを付けました。
c0141782_9534042.jpg

 解りづらい画像ですが、手すり部分に先端を三角形にヤスった帯材を差し込みました。ここに洋白線を嵌め込めば、少し浮いて付いている実車の手すりの雰囲気が出せるのではないかと考えました。出っ張り具合が少々オーバーなのでもう少しヤスる予定です。

 キッチリと嵌る長さに切れるのか、塗装後に綺麗に磨き出せるのか、塗装後の取り付けだとハミ出さずに接着出来るのか、いろいろ疑問点はありますが、とりあえず挑戦してみます。
# by genta-nozz | 2008-06-10 10:04 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)
 原型顔にする6連分のドア貼りが終わりました。
c0141782_8531718.jpg

 更新顔にする4連はHゴム無しタイプのドアにするつもりです。
# by genta-nozz | 2008-06-09 08:54 | 東武鉄道8000系 | Comments(2)
 ドア貼りの続きです。
c0141782_1913152.jpg

 ようやく4両分が終わりました。あと6両残っています。
# by genta-nozz | 2008-06-06 19:13 | 東武鉄道8000系 | Comments(10)
 手始めにドアーの取り付けをしました。キットのドアーは燃料補給会・会長さんに譲渡しましたので別売品に替えています。

 位置決めのためドアー部にセロファンテープを貼ります。
c0141782_16491734.jpg


 ズレや傾きのないようにドアー位置を決めます。
c0141782_16504685.jpg


 少量のハンダで仮留めします。
c0141782_1652029.jpg

 ドアーが傾いていないか、左右にズレていないかを確認します。おかしかったら潔く剥がしてやり直します。今のうちなら剥がすのも楽です。

 大丈夫だったら外周にハンダを流します。
c0141782_16551858.jpg

 車体裾にもハンダを流しておくと、靴ズリをハンダ付けするとき熱で伸びにくくなります。

 この方法はあくまでも我流です。クリップで挟むのも試してみましたが、コテを当てるときにズレやすかったです。「マスキングテープのほうが貼ったあともズラせるよ」との意見も聞きましたが、ドアーが見づらいので採用しませんでした。

 多分メーカーは専用の治具を用意しているのでしょうね。私も治具を作ろうか考えましたが、正確に作らないと全部狂って付いてしまいます。治具は正確に作ってこそ威力を発揮します。私にはその技量が無いので、自分の眼力を信じるしかありません。
# by genta-nozz | 2008-06-04 17:16 | 東武鉄道8000系 | Comments(6)

夢屋 DF91 その47

 塗装準備のため分解していたのですが、あいにくの空模様です。

 で、ほんの少しだけ追加工作をしました。
c0141782_13492068.jpg

 ウエイトのストッパーです。パイプを切ってハンダ付けしただけのお手軽工作ですが、留めビスが緩んでも車内で暴れることがないので安心できます。
# by genta-nozz | 2008-06-03 13:54 | DF91 | Comments(0)

夢屋 DF91 その46

 前回とあまり変化のない画像ですが、カプラー開放テコや残りの小部品を付けました。
c0141782_152401.jpg

 手すりは別塗りして接着するつもりですので、これで生地完としました。

 さっさと塗って8000系に挑戦です。
# by genta-nozz | 2008-06-02 15:26 | DF91 | Comments(2)
 買い物へ行ってきました。

 モデル・ワムです。
c0141782_17171760.jpg

 本は欠かせませんね。あとサハ用の妻板、ステップ、渡り板などを購入しました。

 U-トレです。
c0141782_17185913.jpg

 床下器具セット、ドアー、パンタ台あたりです。

 パンタや台車は未購入ですが、既にジャンクキット10両分より高価になっています。
# by genta-nozz | 2008-06-01 17:21 | 東武鉄道8000系 | Comments(6)

夢屋 DF91 その45

 冷却ファンの工作をしました。
c0141782_13424828.jpg

 左がエッチング抜きのパーツを2枚重ねてハンダ付けしたカバーです。抜きが繊細ですね。右はロストワックスのファンです。

 仮組みしてみました。
c0141782_13454323.jpg

 これらは別塗りして接着しますので、乗せてあるだけです。

 あともう少しで完成です。
# by genta-nozz | 2008-05-31 13:49 | DF91 | Comments(0)

夢屋 DF91 その44

 ヘッドライトの下のフック(実車は何を引掛けるのでしょか)を付けました。
c0141782_993637.jpg

 予め溝を開けておきましたので、帯材を差し込んでハンダ付けするだけです。

 前回のヘッドライト基板を車体にビス留めして走行テストです。
c0141782_9104437.jpg

 光量は充分にありました。いかにもLEDを使いました的な白色の光も魅力的に感じます。クリヤーオレンジを塗るのが惜しくなってきました。
# by genta-nozz | 2008-05-29 09:16 | DF91 | Comments(2)

夢屋 DF91 その43

 ヘッドライトユニットを作りました。
c0141782_166223.jpg

 白色発光ダイオードを使ってみました。

 ヘッドライトユニットは車体にビス留めして、燐青銅の帯材をプリント基板との接片に使おうと思います。
c0141782_16114644.jpg

 念のためテープで仮留めして走行テストをしました。逆方向に点灯することもありませんでした。

 
# by genta-nozz | 2008-05-27 16:17 | DF91 | Comments(6)