真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 クモハの床板に梁を付けます。
c0141782_10362932.jpg

 これで3両分が終わりました。年内に4両の床板工作を終わらせて、お正月の花月園で試験走行でもと思っていましたが無理そうです。
by genta-nozz | 2010-12-31 10:38 | 西武鉄道501系 | Comments(2)
 もう1両のクモハの床板を作ります。
c0141782_9573124.jpg

 孔開け、梁位置をケガいただけです。
by genta-nozz | 2010-12-28 09:58 | 西武鉄道501系 | Comments(6)
 空気管の配管です。
c0141782_1703254.jpg

 旧型国電みたいに雨樋を素直に通り越していれば楽だったんですけど、なぜ雨樋に沿わせたんでしょうか。
 たった2本の配管ですが物凄く面倒でした。蒸気機関車の配管をスッキリ作れるモデラーを心から尊敬します。
by genta-nozz | 2010-12-27 17:05 | 西武鉄道311系 | Comments(0)
 カプラーの位置が決まったので端部の梁を表現してISカプラーを付けます。
c0141782_10265090.jpg

 白く見えるのはプラ板から切り出した絶縁を兼ねたスペーサーです。ISカプラーの取付け孔が長円になっているので、前後に多少動かせます。今回は目一杯突き出した状態でビス留めしておきます。

 車体を乗せて連結間隔を測ります。
c0141782_10315145.jpg

 12㎜です。

 R610を通過させます。
c0141782_1033291.jpg

 耳も当たらず無事に通過します。あと1㎜程度は詰められそうです。

 サイドビューです。
c0141782_10342911.jpg

 幌座と幌の影響もあってか、それほど間隔が開き過ぎと感じないのはラッキーでした。
by genta-nozz | 2010-12-27 10:37 | 西武鉄道501系 | Comments(0)

浅草探索

 24、25日の2日間限定でライトアップされているスカイツリーを見に浅草駅で降ります。
c0141782_1662615.jpg

 工事用の仮設照明の点灯時間を延長しているだけなので過度な期待は禁物でした。

 早速、酒分を補給します。
c0141782_1682240.jpg

 軽く3杯ほど呑んで河岸を変えます。

 途中にもう1軒寄って軽く2杯ほど呑んで、歩いていると・・・。
c0141782_1610465.jpg

 鯨メインの看板に吸い寄せられて・・・。

 谷中生姜、鯨のたたき、鯨の竜田揚げを注文していました。
c0141782_1613289.jpg

 軽く3杯ほど呑みました。

 翌朝のスカイツリーです。
c0141782_16144960.jpg

 ゲイン塔が確認できます。

 枕橋から。
c0141782_16153551.jpg

 この時点で529mの高さだそうです。

 時間があるので業平橋まで歩きます。東武橋から。
c0141782_16165812.jpg


 間近から。
c0141782_16175061.jpg

 この角度から見ると塔が曲がっているように感じます。

 京成橋から。
c0141782_16181433.jpg


 隣を流れる北十間川の護岸も綺麗に整備されるようです。
c0141782_16232144.jpg

 完成が楽しみです。

 お昼はイタ飯です。
c0141782_16235787.jpg

 これ、風船のようにパンパンに膨らんでいたピザです。膨らんだ状態で持って来て、目の前で割ってくれました。
 アッサリしていて美味しかったですが、膨らんだ写真を撮り損ねました。
by genta-nozz | 2010-12-26 16:31 | 呑み会 | Comments(2)
 カプラー位置の検討です。

 IMONさんのISカプラーを連結間隔が10㎜になるよう仮留めします。
c0141782_16304761.jpg

 幌座と幌を付けているので、それほど広く感じません。

 弊社最小カーブのユニトラック610㎜のカーブを通過させます。
c0141782_16321168.jpg

 喰い違いが激しいですが無事に通ります。

 カーブでは・・・。
c0141782_1633271.jpg

 わざわざ板を抜いて作った幌枠の耳が僅かに接触しています(涙)。幌自体が幅広なのも災いしています。
 通過カーブを790㎜にしてみましたが結果に大差なかったです。今更ですが幌座の厚さを1.5㎜にしておけば良かったかもです。

 そのくせ610㎜の直結Sカーブはちゃんと通過します。
c0141782_16422483.jpg

 連結間隔を11~12㎜にして対処しようと思います。
by genta-nozz | 2010-12-25 16:46 | 西武鉄道501系 | Comments(4)
 パンタ台を付けて母線を表現します。
c0141782_162648100.jpg

 縦樋より細く感じたので0.5㎜真鍮線を使っています。

 横からです。
c0141782_16285142.jpg

 屋根上の大部分はカバーに隠れて見えませんが、途中で切断しないで表現しておきました。
 屋根上部分は割りピンを使って固定しています。カバーをハンダ付けするときの熱で外れたら目も当てられませんから。
 母線の先に0.3㎜真鍮線を繋いでパンタに接触させます。

 空気管側からです。
c0141782_1633514.jpg

 資料に恵まれませんでした。コレでイイのか疑問が残ります。
by genta-nozz | 2010-12-24 16:36 | 西武鉄道311系 | Comments(2)
 クモハの床板を切り出して梁を付けます。
c0141782_10532265.jpg

 コレで2両分の床板を作りましたので、連結間隔やカプラー位置の検討が出来ます。
by genta-nozz | 2010-12-24 10:55 | 西武鉄道501系 | Comments(0)
 サハの床板に梁を付けます。
c0141782_166651.jpg

 単に角材を並べるだけなのでコイツより工作は簡単です。両端の中梁はカプラー位置が決まったら表現しようと思います。
by genta-nozz | 2010-12-23 16:08 | 西武鉄道501系 | Comments(0)
 上回りにディテールを付ける前に連結面の間隔やカプラー等の検討をしておきたいので下回りを作ります。
c0141782_11585396.jpg

 と言ってもt1.0の真鍮板に日光モデルさんのボルスター用の孔を空けて、梁の位置をケガいただけです。
by genta-nozz | 2010-12-21 12:01 | 西武鉄道501系 | Comments(0)