真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz

<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

乾杯っ!

 昨日はもう嫁とは・・・(謎)さんと池袋で待ち合わせです。

 乾杯の儀。
c0141782_9125054.jpg

 家庭内の心労のためか手が震えています。どうかご自愛ください。

 返却の儀。
c0141782_9135440.jpg

 これを走らせていたら他のお客さんから・・・
 「あっ、youroumaniaさんですか??」と声を掛けられたので
 「あっ、はい!」と答えておきました。
 運送会社経営で年収2,000万円超と伝えてイメージアップのお手伝い(?)をしたつもりですが、もっとお若い方かと思っていましたよ・・・と不満顔だったので効果の程は微妙かも知れません。

 交換の儀。
c0141782_9211680.jpg

 箱と中身は一致してません。

 ぼんじり再挑戦の儀。
c0141782_9215116.jpg

 今回は美味しく頂きました。

 せめて親権・・・(謎)さんは怒涛のハイペースで飲みますね。「飲む」と言うより「流し込む」感じです。必死の思いで追いかけたら記憶が飛びました。鉄ネタ話は殆ど無かった気がします。

 あっ、花月園話は冗談です。ご安心下さい。
by genta-nozz | 2009-09-30 09:33 | 呑み会 | Comments(4)
 正面妻板にワイパー、ジャンパー栓、ステップの孔開けをします。
c0141782_8572392.jpg

 ケガキ、孔開けとも裏側から行ないました。表側に孔開けのバリが生じるので軽くヤスっておきます。

 延々と同じ作業を8枚もするのは疲れるし、厭きます。
by genta-nozz | 2009-09-29 09:01 | キハ35系 | Comments(10)

たっぷり3時間

 埼京線に乗って北与野駅で下車します。目的地はさいたまスーパーアリーナです。

 コチラのコンサートに行ってきました。
c0141782_8565342.jpg

 ファンの年齢層も比較的高めで開演の17:30から約3時間、落ち着いて楽しめました。

 
by genta-nozz | 2009-09-28 09:00 | コンサート | Comments(0)
 残りの2両にも屋根の嵩上げを施します。嵩上げする価値が有るのか若干の疑問を感じますが、屋根高さの異なる車両が混在するのは不自然です。

 t0.5真鍮板を中抜きします。
c0141782_1344671.jpg

 開口部のヤスリ仕上げを怠った手抜き工作です(汗)。

 屋根をハンダ付けします。
c0141782_1345124.jpg


 外周を落とします。
c0141782_13453620.jpg


 ヤスリ仕上げです。
c0141782_1346256.jpg


 クレンザーで洗浄後、車体にビス留めします。
c0141782_13463962.jpg

 これで嵩上げ工作が完了です。
by genta-nozz | 2009-09-27 13:49 | 北陸鉄道3000系 | Comments(2)
 キハ35の妻板にも点検蓋を表現します。

 左下に角穴を開けます。
c0141782_18343681.jpg


 t0.5真鍮板を嵌め込みます。
c0141782_1835950.jpg

by genta-nozz | 2009-09-26 18:35 | キハ35系 | Comments(0)
 妻板加工の続きです。

 ドアレールの点検蓋(だと思います)を表現するため角穴を開けます。
c0141782_9101147.jpg

 気動車ガイドブックに載っていた写真から寸法を出したので正確さには自信がありません。

 t0.5真鍮板から蓋を切り出して嵌め込みます。
c0141782_9121955.jpg

 t0.1位の薄板を貼った方がスッキリとした仕上がりが得られると思いますが、薄板を切るのは懲りました。希望する幅(3.5㎜)の帯材も売っていないので仕方ありません。

 この方だったら四隅のボルトを表現されると思いますが自分の腕と相談して断念しました。
by genta-nozz | 2009-09-25 09:36 | キハ35系 | Comments(2)
 やや薄く感じた屋根の加工です。

 t0.5真鍮板を中抜きします。
c0141782_8491378.jpg

 この板厚が屋根の嵩上げ寸法になります。

 屋根を乗せて・・・
c0141782_8503014.jpg


 ハンダ付けします。
c0141782_8505598.jpg

 後で剥がれたら困るので内側に滲み出るよう、多めにハンダを流しています。

 周囲を切り落とします。
c0141782_8523022.jpg

 ヤスリしろを確保するため淵を少し残しています。

 ヤスリ仕上げをします。
c0141782_8533576.jpg

 美しく仕上がったと自負しています。

 車体に取り付けてサイドビューを見ます。
c0141782_8545864.jpg

 よくよく考えたら実車を一回も見ていないのに、似ているか否かの判断なんて出来ません。完全に独りよがりな工作です(涙)。

 依頼者との会話を思い出します。

「屋根が薄いから厚くしようと思うんだけど」

「工作の内容は任せるよ。でも全部同じ仕様で作ってよ」

「簡単だよ。そんなもん。じゃ厚くするからね」

 あ~あ。言うんじゃなかった。屋根を痛めないで剥がすのも大変そうですし、残りも同じ工作をする必要がありそうです。

 口は災いの・・・ってヤツですね。
 
by genta-nozz | 2009-09-24 09:09 | 北陸鉄道3000系 | Comments(0)

またまた聖地巡礼の旅

 20日に聖地に向かい東京を出発です。

 横浜町田IC付近の事故渋滞25㎞と秦野中井IC付近の事故渋滞10㎞のダブルパンチを抜け、ヘロヘロになりながら8時間も掛かって土肥へ着きました。
 ここで2泊して身を清め、聖地への気持ちを高ぶらせます。

 翌朝から辺りを散策します。

 海岸沿いを下ると海へ突き出ているプラントを発見です。
c0141782_1743973.jpg

 巨大なクレーン車やプラントを見ると血が騒ぎます。近付いてみると・・・
c0141782_17451273.jpg

 山で採取した砕石を船に積み込んでいるみたいです。

 近くのお店で昼食です。
c0141782_17463570.jpg

 刺身と焼き魚定食と海鮮丼です。
c0141782_17473415.jpg

 美味しかったです。車なのでアルコールを摂取できないのが残念です。

 ココにも行きました。
c0141782_17484252.jpg

 緩いコーナーが延々と続く2車線道路です。アスファルト面も綺麗で走って楽しい道路です。コーナーを2速全開で、ストレートを3速全開で走り抜けた気がしますが、多分思い違いでしょう。

 いよいよ聖地に到着です。
c0141782_17525575.jpg


 

長い夜の始まりです。
by genta-nozz | 2009-09-23 18:03 | 旅行 | Comments(2)
 貫通扉の続きです。

 Hゴムを嵌め込んだらアクリルカッターで戸当りゴムの溝を彫り、ドアレールを付け、エコーモデルのドアハンドル(引き戸用)を付けます。
 6枚作った貫通扉から出来の良い4枚を選んで妻板にハンダ付けします。

 この間は工作に夢中になっていたため撮り忘れました。

 キハ36です。
c0141782_10102289.jpg


 キハ35です。
c0141782_10104250.jpg

 扉とHゴムが面一になっている所が気に入っています。
by genta-nozz | 2009-09-20 10:17 | キハ35系 | Comments(2)
 納得できる貫通扉がパーツにありませんので自作してみます。自作したからといって、満足できる扉が得られる保証は何処にもありませんが・・・。

 t0.4真鍮板にケガきます。
c0141782_18484569.jpg

 必要な枚数は4枚ですが、失敗を見越して6枚分ケガいています。

 窓を抜きます。
c0141782_1850264.jpg

 抜きが微妙に不揃いです。

 Hゴムを作ります。戻りの大きい真鍮線を美しく曲げるのは至難の業です。
c0141782_1851409.jpg

 フジモデルさんの客車用扉からHゴム部を切り出します。面倒な作業ですが、寸法が揃ったモノが得られます。真鍮線曲げのイライラからも解放されます。
 窓の開口寸法はHゴムの外側に合わせています。

 嵌め込んでハンダ付けです。
c0141782_18534862.jpg

 何が楽しくてこんな地味なパーツを作っているんだ感が漂いますが、希望する形状のパーツがないので仕方ありません。
by genta-nozz | 2009-09-19 19:03 | キハ35系 | Comments(4)