真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz

<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 モーター車の床板工作です。

 使用するモーターを決めないと床板の開口寸法が決められません。
c0141782_8454020.jpg

 手許にあるのはEN-22(左)とLN-14(右)です。

 LN-14はコアレスモーターでEN-22より高価(1.5倍)です。当然LN-14の方が高性能と思っていましたが、EN-22の方が適しているようです。見るからに細身なLN-14に未練を感じますが今回はEN-22の使用に決めました。

 U-トレさんの床下機器もEN-22の使用を前提に薄くしてあるのも理由の1ッです。
c0141782_857295.jpg

 LN-14仕様だったら更に薄くスライスする必要がありますから。

 床板を作りました。
c0141782_925787.jpg

 モーターとウエイトを隠すためと開口部の補強を兼ねてt0.8真鍮板から切り出した帯板を付けました。

 モーターをセットします。
c0141782_96585.jpg

 ピッタリ入りました。

 ウエイト、MPギアを組み込みます。
c0141782_975646.jpg

 残りの2両も同じ仕様で作ろうと思います。
by genta-nozz | 2009-01-30 09:13 | 東武鉄道8000系 | Comments(6)

気力充填120%?

 酒グラスより重いモノを持たない主義の燃料補給会・会長様からメールが届きました。

 池袋ネオン街でや模型製作の外注、はたまたオクで湯水の如く散財された話ではありません。会長様自ら工作をされています。酒グラスより重く、人肌より熱く、太モモよりも硬いコテをお持ちになられました!

 N101系を411系へ改造する大工事です。
c0141782_17471232.jpg

 前面はわざわざいさみやまで出向き、真鍮板を15㎜幅に切断したものを接合されています。継ぎ目は縦樋に隠れる絶妙な位置です。
 一生かけても消費し切れない資産を有しながら切断機の購入費用を惜しみ、いさみやまで行かれる労力を厭わない素晴らしい価値観を垣間見た気がしました。

 いよいよ今世紀中の完成を目指して始動です!

 床板に搭載されているウエイトは会長様の特注品で、スペックを紹介すると…
 外寸は約65×24×5で50gです。
 下側に配線を通す逃げが設けられています。
 多少の在庫があるそうです。ご希望の方がいらっしゃいましたら連絡下さい。

 ご自宅より、会社より、模型屋より、ネオン街に滞在される時間が遥かに永い会長様がチマチマと工作をされるとは…。なにやら不吉なコトが起きる前触れでなければと祈るばかりです。
by genta-nozz | 2009-01-28 18:20 | えと・せとら | Comments(6)
 床板の余分なハンダを削って車体にビス留めしました。
c0141782_8363373.jpg

 これでパンタ無し中間車の作業は完了です。
by genta-nozz | 2009-01-27 08:38 | 東武鉄道8000系 | Comments(6)
 床板工作の続きです。
c0141782_8434222.jpg

 今回は2両分を同時に作っています。
by genta-nozz | 2009-01-26 08:45 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)
 8000系の床下器具の配置を見に行きました。

 ある程度離れて真横から撮れる場所がベストです。何駅か降りて適した場所を発見しました。片側からしか撮影できなかった(反対側は逆光でした)のは残念でしたが、まずまずの成果です。

 8100です。画像は全て右側が上り方面です。
c0141782_18472973.jpg


 8200です。
c0141782_18475868.jpg


 8300です。
c0141782_18481912.jpg


 8400です。
c0141782_18483942.jpg


 8800です。
c0141782_1848584.jpg


 パンタ車でも8200と8800では抵抗器の数が異なっていて興味深かったです。8100と8400の床下はほぼ同じ配置のようです。8700は撮り損ねました。後日、改めて訪れようと思います。

 で、工作は軽めです。
c0141782_1854354.jpg

 角材を切断してキサゲをしました。

 台車を付けて、車体にビス留めしました。
c0141782_18554776.jpg

 なかなか良い眺めです。
by genta-nozz | 2009-01-25 18:59 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)
 車体の工作も残っていますが気分転換に床板を作りました。

 エコーモデルのt1.0×33㎜の床板に真鍮角材で梁を表現しました。
c0141782_1446198.jpg

 梁の位置は雰囲気重視で正確ではありません。この後キサゲをして、突き出た角材を切断します。
by genta-nozz | 2009-01-24 14:53 | 東武鉄道8000系 | Comments(8)
 パンタ周辺の工作が続きます。

 市販の帯材に0.4㎜孔を2ヶ所開けてヤスリ仕上げをしました。
c0141782_926314.jpg

 失くさないように線に通しておきます。

 ハンダ付けします。
c0141782_9272349.jpg

 この工作は今回で終了です。残るはパンタへ伸びるロッドと引き紐です。

 地味で面倒な作業が続くので停滞気味です。
by genta-nozz | 2009-01-21 09:34 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)
 押入れの中からも今回で終わりです。多分…。

 既出の43系客車です。
c0141782_912464.jpg

 オハ46が1両増えています。

 10系寝台車です。
c0141782_922961.jpg

 某社から発売予定(?)のオハネフ12の妻板に期待しています。

 381系です。
c0141782_941773.jpg

 車体を傾けるんだ!と意気込んで購入しましたが、未だに方法が思い浮かばず未着手です。

 103系です。
c0141782_96660.jpg

 友人とバーター取引で入手した旧MODEL CSCのジャンクキット6連とオクで入手したモリヤの4連です。型は同一のようです。

 懐かしいモノを発見しました。
c0141782_991091.jpg

 学生の頃の作品です。挽物の信号煙管が時代を物語っています。腕をパンパンにしながらハンドスプレー(いわゆる噴霧器です)で塗りました。

 さらに時代を遡って…
c0141782_9114865.jpg

 中学生のときの作品です。ピノチオですね。

 現在と比較して作品の仕上がりに大した進歩がない気がします…。
by genta-nozz | 2009-01-19 09:18 | 押入れの中身 | Comments(6)
 東武、西武以外の私鉄です。

 四谷3丁目にあったみどりやの小田急9000系です。
c0141782_13594491.jpg

 しなのマイクロ独自のドア下を曲げてアングルと兼用する構造です。前面に開けられた巨大な手すり孔、ボッテリした表現のクーラーなど、スッキリ仕上げるのは大変そうです。
c0141782_141370.jpg

 その後に発売された5000系も購入しておけば良かったです。

 東急です。
c0141782_1434353.jpg

 緑に塗られた車両が好きでした。

 あおぞら号です。
c0141782_1451729.jpg

 エンドウ製が発売されていましたが、高価でしたので敢えて購入です。

 エコーモデルです。
c0141782_1464418.jpg

 以前に紹介したキハ20の改造品はコレに牽かせてミキストを表現しようとしていたのを思い出しました。

 1両で楽しめてイイなと思いました。
c0141782_149383.jpg

 ローカルムードたっぷりです。

 いさみやの東急世田谷線デハ150×2枚です。
c0141782_1485084.jpg

 懲りずに購入したエッチング板です。肩のカーブがないので楽そうに感じました。

 あと1回で終わります。多分…。
by genta-nozz | 2009-01-18 14:15 | 押入れの中身 | Comments(4)
 小物(テコでしょうか?)を6ヶ作りました。
c0141782_18575835.jpg

 1ヶ出来上がる度に線に通しておきました。これだけでも紛失のリスクを大幅に減らせました。

 線が長いまま差し込みます。
c0141782_1901913.jpg

 ハンダもこのまま流します。

 シッカリ付いたのを確認し、線を切断してヤスリ仕上げをします。
c0141782_1912895.jpg

 作業後の洗浄を怠っていますので削りカスがたくさん残っています。配管等を付けてしまうと破損が怖くてクレンザーとブラシでゴシゴシ洗うわけにもいかず困っています。
by genta-nozz | 2009-01-17 19:07 | 東武鉄道8000系 | Comments(2)