真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz

カテゴリ:DF91( 89 )

 コンパウンドが届きました。
c0141782_18281749.jpg

 これで挽き物の窓ガラスを研磨します。

 左が研磨前、右が研磨後です。
c0141782_18301259.jpg

 だいぶマシになりました。

 糊付けして完成です。
c0141782_18305666.jpg

 反省点は多々ありますが、このブログ始まって以来の完成作品ですので喜びもひとしおです。
by genta-nozz | 2008-12-13 18:36 | DF91 | Comments(20)

夢屋 DF91 その88

 窓セルを貼ります。
c0141782_14485430.jpg

 当初は前面窓だけでも嵌め込んで実感的にしようと意気込んでいましたが、空振りに終わりました。塩ビ板を裏から糊付けしただけです。

 側面の丸窓は挽物パーツで、側板と面一になる優れものです。
c0141782_14523297.jpg

 ただ残念なコトに切削加工の跡で曇っています。コンパウンドで研磨すれば取れそうですので注文しました。それ待ちです。

 照明ユニットを組み込んで試験走行です。
c0141782_14551570.jpg

 いかにもLEDを使いました的な白い光がお気に入りです。
by genta-nozz | 2008-12-11 14:58 | DF91 | Comments(0)
 冷却ファンとカバーを接着し、足まわりを取り付けて走らせました。
c0141782_9181863.jpg

c0141782_918324.jpg

 屋根の汚しに多少の不満がありますが、静かに走行する様は良い眺めです。
by genta-nozz | 2008-12-10 09:34 | DF91 | Comments(2)

夢屋 DF91 その86

 屋根を吹きました。
c0141782_9191398.jpg

c0141782_9192978.jpg

 煤けた雰囲気を再現したつもりですが、綺麗に汚す(変な日本語ですが)のは難しいです。
by genta-nozz | 2008-12-09 09:21 | DF91 | Comments(2)

夢屋 DF91 その85

 前面に手すりを付けました。
c0141782_9325355.jpg

 乗務員扉の手すりと同径の線を使っているためか、やや太く感じます。0.3㎜に替えたほうが良かったです。

 ワイパーの取り付け孔が開いているのにワイパーが入っていません。部品表にも記載されていませんので自分で曲げて作れってコトみたいです。
by genta-nozz | 2008-12-07 09:40 | DF91 | Comments(0)

夢屋 DF91 その84

 細かな仕上げ作業になります。ココが面倒で嫌いなのですが、実感がグッと増す大切な作業ですので気が抜けません。

 キットに同梱されていた切抜き文字を紛失してしまいましたが、モデルショップさがみさんからTomixのメタルインレタを送っていただきました。
c0141782_9253727.jpg

 さがみ様有難うございます。早速これを使います。

 サイドに貼ってみました。
c0141782_926187.jpg

 微妙に右下がりに貼れています(涙)。目検討で作業したのが敗因です。

 前面です。
c0141782_92842100.jpg

 補強板のお陰で真っ直ぐに貼れましたが、文字が傾いています(涙)。

 手すり、ラジエーター保護板を付けます。
c0141782_9304235.jpg

 手すりはロックタイト、保護板はゴム系接着剤で付けました。
by genta-nozz | 2008-12-05 09:36 | DF91 | Comments(12)

夢屋 DF91 その83

 ラジエーターに黒を吹きます。
c0141782_15452149.jpg

 微量の白を混ぜて煤けた感じを表現したつもりです。真っ黒を吹くより幾分かマシでしょう。

 Hゴムを着色します。
c0141782_15472533.jpg

 たったこれだけでも実感的になった気がします。
by genta-nozz | 2008-12-04 15:48 | DF91 | Comments(8)
 今回はツルツル・ツヤツヤに吹けず気持ちが盛り下がっていましたが、クモハ32000様の卓越した技術力によって復活しました。

 クモハ32000様邸の塗装ブースへお邪魔します。

 リターダシンナー1に対しシンナー3の割合で混ぜたものだそうです。
c0141782_8361542.jpg


 これを吹きます。
c0141782_8364631.jpg

 私が普段使用しているスプレーワークより塗出量も多く、キメも細かいです。見ていると強烈に欲しくなります。

 上手に塗るコツはタレるまで吹かないコトだそうです(笑)。

 吹き終わった状態です。
c0141782_842644.jpg

 ツルツル・ツヤツヤが復活しています。

 電気オーブンへ投入です。
c0141782_8431290.jpg

 温度130℃、時間20分で設定して強制乾燥させるそうです。見ていると強烈に欲しくなります。

 出来上がりました。
c0141782_8524081.jpg

 復活です。

 強制乾燥により塗面が非常に強固になりました。艶も揃い、塗分け部の段差も目立たなくなったのは驚きです。

 気持ちが盛り上がってきました。有難うございます!
by genta-nozz | 2008-12-03 08:58 | DF91 | Comments(10)

夢屋 DF91 その81

 上半分をマスキングします。
c0141782_8324337.jpg


 グレーを吹きます。
c0141782_8331472.jpg


 マスキングテープを剥がします。期待と不安が入り混じる瞬間です。
c0141782_834827.jpg

 若干のニジミが見られます。どことなくボッテリした感じです。ツルツル・ツヤツヤ感も大幅に後退していますが、塗り直すのも面倒なのでこのまま完成させます。
by genta-nozz | 2008-12-02 08:39 | DF91 | Comments(0)

夢屋 DF91 その80

 帯のマスキングをします。
c0141782_1435572.jpg

 帯の幅は1.0㎜です。同寸の真鍮角材を使えば寸法を出すのも簡単です。

 朱を吹く前に再びテープ部に白を吹きます。
c0141782_1437425.jpg

 塗膜はその分だけ厚くなりますが、ニジミや吹込みを防止できると思います。それの修正って結構面倒ですし。

 朱を吹きました。
c0141782_14385531.jpg

 ん~。塗料が若干濃かったようです。梨面になってしまいました。

 このまま続行(強行?)しますけど…。
by genta-nozz | 2008-11-30 14:42 | DF91 | Comments(2)