真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz

カテゴリ:103系( 76 )

 プチプチで巻きます。
c0141782_11291388.jpg


 適当なハコに押し込みます。
c0141782_11295043.jpg


 郵送先は、か・ご・し・まっ!
c0141782_11303830.jpg

 1秒たりとも手元に置いておきたくないので、サッサと送ります。

 ま、100年経ってもカタチになりそうにないですけど・・・。
by genta-nozz | 2014-04-12 11:32 | 103系 | Comments(2)
 クーラー、ベンチレータを木工用ボンドで仮留めします。
c0141782_10391767.jpg

 クーラー横のランニングボードを付け忘れていますが、それぐらい糊付けしてもらいます。

 「キットの床板をビス留めできるようにしてよ」。弟子1号どのが金属加工をするとは思えませんが、リクエストを叶えます。
c0141782_10423981.jpg


 更に叶えてKTMの床下器具、しかも一体プラ成型をビス留めします。
c0141782_10442512.jpg

 どう見ても103系の床下器具に見えませんが、リクエストなので仕方ないです。

 模型に対する審美眼が狂っているのは、ある意味幸せかもです。しかも狂っているのはおネエちゃんに対してもです(爆)。

 「俺は来るモノは拒まず、去るモノは追わない主義だから」と弟子1号どのは得意げに語りますが、要は「生物学的にメスだったら何でもOK」ってコトです。産廃処理業者じゃあるまいし・・・。

 異様にストライクゾーンの広いオトコは幸せです(爆)。
by genta-nozz | 2014-04-11 10:56 | 103系 | Comments(6)
 靴ズリ、側面のガラリ等を付けます。
c0141782_12215075.jpg

 以上です。
by genta-nozz | 2014-04-10 12:22 | 103系 | Comments(0)
 エコーモデルさんの床板から枠を作ります。
c0141782_11225448.jpg


 大切なのは床板の断面に帯板を貼って、幅を34.2㎜にするコトです。
c0141782_1124990.jpg


 冶具を介して車体に組み込みます。
c0141782_11244848.jpg


 コテを当てた反対側(枠の上面)に薄っすらとハンダが滲み出るようシッカリ流します。
c0141782_11261940.jpg


 お約束のノギスです。
c0141782_11264798.jpg

 枠の幅を34.2㎜にしているので35㎜を厳守できます。

 枠式のメリットは多いです。

 車体の強度が著しく増加します。タオルを絞るように車体をひねってもビクともしません。妻板が剥がれるような事故もないです。

 枠の幅を正しく設定すれば車幅がバッチリ決まります。ノギスでどこを測っても車幅が同じなのは気持ちイイです。不快な側板の波打ちも矯正できます。

 ネジ孔がバカになりにくいです。タップを切るとき、ネジピッチの3倍の板厚が必要です。鉄道模型はt0.4~0.6ぐらいの薄板に平気でタップを切っていますが、ネジ孔がバカにならないのでしょうか。バカになるのを恐れて分解を躊躇っているようでは、床板を糊付けしたのと大差ないです。

 デメリットもありますが、中抜きが大変なのと材料の大半が無駄になるぐらいです。個人的には得られるメリットの方が遥かに多いと確信しています。

 枠が付いて強度も向上したので、クレンザーで洗浄します。
c0141782_11455697.jpg

 もう少しでコイツから解放されます(嬉)。
by genta-nozz | 2014-04-09 11:48 | 103系 | Comments(0)
 妻板にステップを付けます。
c0141782_1141574.jpg

 縦樋の横に付く三角形のステップの形状を揃えるのが難しいです。

 母線の両側にも付けます。
c0141782_11425315.jpg


 側面ステップの上部にも付けます。
c0141782_11433426.jpg

 この後は枠付けです。
by genta-nozz | 2014-04-08 11:44 | 103系 | Comments(0)
 空気管を付けます。
c0141782_11532791.jpg

 コレで屋根に開けられていた孔を全て使い切りましたが、大き過ぎる取り付け孔には閉口します。過大な孔は百害あって一利なしです。
by genta-nozz | 2014-04-07 11:56 | 103系 | Comments(0)
 「最低限の配管ぐらい付けてよ」と弟子1号どのより注文がありました。キットの屋根に配管用の孔が開けられているので、ソレが埋まるぐらい付ければ最低限をクリアーでしょう。

 母線を付けます。
c0141782_1153190.jpg

 キットの指定寸法通り0.6㎜線を使いましたが、やや細いように感じます。

 避雷器の配管です。
c0141782_1172198.jpg

 あと空気管を付ければ責務を果たせそうです。
by genta-nozz | 2014-04-04 11:09 | 103系 | Comments(0)
 キットに入っているランニングボードです。
c0141782_9352229.jpg

 アングル状に曲げられた一般的なパーツですが、コレだと屋根と段差が生じたり、平面性が劣ったり、角が甘かったりします。

 そこで・・・。
c0141782_9372998.jpg

 手元の真鍮板からランニングボードを作ります。

 屋根を抜きます。
c0141782_938239.jpg


 角孔に嵌め込んでハンダ付けです。
c0141782_939033.jpg

 気合いを入れて仕上げましたが、段差を消しきれませんでした。

  この方法は東武8000系で挑戦して以来5年半ぶりでしたが、同様の結果となりました。
 
 ウデが進歩してないです(涙)。
by genta-nozz | 2014-04-03 09:55 | 103系 | Comments(6)
 雨樋を付けます。
c0141782_10172824.jpg

 側板と屋根の繋ぎ目が隠れてくれました。
by genta-nozz | 2014-04-01 10:17 | 103系 | Comments(0)
 妻板、前面、側板、屋根を組み合わせてハコにします。
c0141782_14143612.jpg

 側板と屋根の繋ぎ目が目立ちますが、雨樋に隠れる位置なのでそのまま進めます。
by genta-nozz | 2014-03-27 14:15 | 103系 | Comments(2)