真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz
カレンダー

カテゴリ:東武鉄道8000系( 202 )

 更新顔4連の続きです。

 モハ8200の締切りコックの向きを直します。
c0141782_154462.jpg

 付け直しの時間はコテが温まるまでより遥かに短いですが、重い腰を上げるまで時間が掛かりました。これでモハ8200の工作は完了です。

 時間が余ったのでモハ8300の工作です。

 いつものようにワムさんのドア表示灯を付けます。
c0141782_1575179.jpg


 いつものように屋根上に手すりを2個付けます。
c0141782_1583599.jpg


 いつものようにISカプラーのスペーサーにワムさんの空気管とエコーさんの床下用ジャンパー栓を2個付けます。
c0141782_1510149.jpg

by genta-nozz | 2009-08-21 15:11 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)
 更新顔4連の工作を進めます。

 モハ8200の床下に配管を追加します。
c0141782_9134748.jpg

 0.5㎜洋白線を曲げて締切りコックをハンダ付けしてから床板に差し込むと楽です。以前は最後に締切りコックを付けていたので、ピンセットから弾き飛ばすコトが多々あり大変でした。

 もう片方です。
c0141782_91795.jpg

  ・・・。締切りコックが裏向きになっています(涙)。なんで差し込む時に気付かなかったんだろう。自分に腹立たしいです!。
by genta-nozz | 2009-08-20 09:20 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)

餅は餅屋を実感せり

 お盆休みの最終日、中央線を下り超絶模型工房を目指します。荷物は先日、全身全霊をかけて塗装を落とした原型顔6連です。

 工房に着くと、せっかく落としたのに更にシンナープール浸けです。

 左側が徹底的に落とされたモノ、右側が弊社の洗浄です。
c0141782_01421.jpg

 右側の方がプライマーが残っているため綺麗に見えますが違います。

 6両を終えると新品のシンナーがここまで汚れました。
c0141782_034394.jpg


 クレンザー、薬品、手に優しくない中性洗剤を駆使して磨き上げです。
c0141782_035830.jpg

 手に優しい洗剤は手を保護するための油分が含まれているため適さないそうです。

 ピカピカになった8000系です。
c0141782_051656.jpg

 美しいですね~。組みも磨きも・・・。

 プライマーを吹きます。
c0141782_06353.jpg

 
 プライマーが吹き終わったところです。
c0141782_064141.jpg

 ココまで黄色になるまで吹いたコトがありません。見るからに塗膜の喰いつきが良さそうです。

 灰色8号を吹いています。
c0141782_084375.jpg

 真鍮地肌とハンダを隠すためだそうです。隠蔽力も強く、比較的薄い色なのでお薦めだそうです。

 塗り終わった8000系です。
c0141782_011141.jpg

 美しいですね~。塗りも組みも。

 その後白色を吹きます。
c0141782_012682.jpg


 ん~。プロの技は凄いです。参考になります。

 朝10時からの作業で時計の針は6時を指しています。工房を出て東日本一安いと評判の居酒屋さんに移動です。途中から実は隠れ東武ファンさんも合流です。
 多分誰も知らないであろうエアーブラシの秘密も教えてもらいました。

 実に有意義な一日でした。

 
by genta-nozz | 2009-08-18 00:22 | 東武鉄道8000系 | Comments(8)
 原型顔6連を再びシンナープールへ浸けます。
c0141782_8523493.jpg


 シンナーを取り替えてすすぎます。
c0141782_853139.jpg

 余計な手間を取らせないよう入念に洗浄です(謎)。


 これから鉄分を補給しに西へ向かいます。
by genta-nozz | 2009-08-15 08:54 | 東武鉄道8000系 | Comments(2)
 青色を吹き終わった時点で数多くの気に入らない点がありましたが、見なかったコト・気付かなかったコトにして水色を吹いてみました。

 先頭車。
c0141782_9544440.jpg


 中間車。
c0141782_955787.jpg


 で、気に入らない点。その1。
c0141782_9554966.jpg

 ドア部が滲んでいます。これ何箇所もあります。

 気に入らない点。その2。
c0141782_9565654.jpg

 青帯に侵食しています。

 気に入らない点。その3。
c0141782_9575936.jpg

 青帯との間隔、あるいは帯の太さがバラバラです。上から順に細・中・太。

 コレが一番ショックです。クリックしてご覧下さい。
c0141782_9594373.jpg

 ドアの左側が皮膚病を患ったかの如くザラザラです。白を吹いた時から冒されていたと思いますが、光に翳してみて初めて発見しました。
 ナンですか。これ。まるで象皮病患者です(涙)。

 ハイトゲージでケガキ線さえ入れなければクリーム1色で塗る手段も残されていたのに・・・。。余計なコトするんぢゃなかった。

 はぁ~。気分転換に鉄分を補給してきます。
by genta-nozz | 2009-08-13 10:10 | 東武鉄道8000系 | Comments(7)
 原型顔6連に青色を吹きました。

 気に入らない点。その1。
c0141782_12515250.jpg

 ライトケースや幌座部分に吹込みが・・・。

 気に入らない点。その2。
c0141782_12532857.jpg

 上の画像ほど酷くありませんが同様の症状です。

 気に入らない点。その3。
c0141782_12541283.jpg

 ココにも吹込みが・・・。しかもステップが1個取れかかっています(涙)。

 気に入らない点。その4。
c0141782_12553810.jpg

 妻寄りの帯が妙なカタチです。

 気に入らない点。その5。
c0141782_12563212.jpg

 ハイトゲージで入れたケガキ線と合っていません。

 細かく数えると20箇所近くあります。シンナープールに浸けたい衝動に駆られますが、そんなコトをしていたらコイツを塗るだけで今世紀が終わってしまいそうです。

 取り敢えず水色の帯を塗ってみます。
by genta-nozz | 2009-08-12 13:04 | 東武鉄道8000系 | Comments(10)
 原型顔に吹いた白を乾燥させる間に更新顔の工作を進めます。

 モハ8200の続きです。モデル・ワムさんのドア表示灯を付けます。
c0141782_9152230.jpg


 屋根上に手すりを付けます。
c0141782_9154847.jpg

 写真を見る限り、妻板のそれより太く感じたので0.4㎜線にしました。

 ISカプラー用スペーサーに空気管とジャンパー栓を付けます。
c0141782_917449.jpg

 残りの工作は床下の配管です。
by genta-nozz | 2009-08-11 09:19 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)
 原型顔6連に白を吹きます。天候があまり良くなかったのでリターダシンナーをタップリ入れて強行します。

 先頭車。
c0141782_9131892.jpg


 中間車。
c0141782_914308.jpg


 今回から洗浄後にタオルで拭き取るのを止め、ドライヤーを併用して強制乾燥させました。吹く前も念のためエアーで埃を飛ばしておきます。お陰で埃の付着が殆どありませんでした。完全にと言えないのが残念ですが・・・。

 この後は鬼門の帯入れです。幸いにも明日からお盆休みなので焦らず時間を掛けて作業しようと思います。
by genta-nozz | 2009-08-10 09:22 | 東武鉄道8000系 | Comments(2)
 結局シンナープールへ投入しました。
c0141782_9332938.jpg

 コストを考えて塗料専門店で石油缶サイズのモノを購入しましたが、模型店で売られているシンナーと比べて塗装の落ちが悪いように感じます。DIY店で売られているモノよりは落ちますが。

 臭いもキツくなかったのでトルエン含有量の違いでしょうか。詳しいコトは分かりません。

 週末に塗り直しです。何時になったら完成するのでしょう。その250までには決着を付けたいです。
by genta-nozz | 2009-08-06 09:42 | 東武鉄道8000系 | Comments(4)
 更新顔モハ8200の工作です。

 パンタ引き紐を付けます。
c0141782_14325240.jpg

 反対側。
c0141782_14331472.jpg

 作業後の洗浄をサボっているので汚らしいです。
by genta-nozz | 2009-08-05 14:36 | 東武鉄道8000系 | Comments(0)