真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz

TCC運転会

 昨日TCCの運転会に出席しました。皆様の数多くの車両の中からクモハ32000様のマニ37の画像を撮ってきました。

 じっくりとご覧下さい。
c0141782_8574938.jpg

 車軸発電機から5本のケーブルが出ています。発電機に0.25mm(!)の孔を開けてケーブルを差し込んでいます。

 自作のC21ブレーキ装置と配管です。
c0141782_90502.jpg

 ブレーキシリンダーの前に見える戻しバネは、0.4mm真鍮線に0.2mmの真鍮線を巻き付けて作ったそうです。

 水タンクと中梁の隙間をチェーンが通っています。
c0141782_97381.jpg
 
 ブレーキロッドの先を潰して孔を開け、そこに切り開いたチェーンを通したそうです。滑車部は0.5mm真鍮線を床板に刺してチェーンを留めて、1.0mmアングルをハンダ付けしています。

 大型蓄電池箱です。
c0141782_9101436.jpg

 バンド吊を表現した空気溜めにも注目です。

 隙間を抜けたチェーンが出てきました。
c0141782_917121.jpg

 車掌室のブレーキハンドル下まで表現してありました。

 画像では判別しがたいのですが、中梁に付いているブレーキロッドの支えも凝った形状です。
c0141782_9204088.jpg


 これだけ微細な工作でありながら、各パーツの取付強度がシッカリしているのも特筆すべき点です。

 ふー。異次元の工作です。
Commented by クモハ32000 at 2008-04-28 10:17 x
昨日は御世話様でしたm(__)m
過分な評価も恐縮です。何せ模型ですから、走らせたり、持って眺めたりは当たり前ですから、パーツの取り付け強度はちゃんと保証しとかないといけませんね!一応、取り付けに当たっては、床に差し込んでハンダ付けしたり、ピンを植えたりして持っても危うくない強度を確保したつもりです。やっぱ安心して持てない模型は作った本人も不安ですからね(*^^*)
Commented by genta-nozz at 2008-04-28 10:53
クモハ32000様 コメント有難うございます。

マニ37を実際に手に持って拝見させていただきましたが、部品がポロっと取れる危うさが全くないのには驚かされました。
床板に差し込んだり、ピンを植えたりの積み重ねが安心感のある模型になるわけですね。参考になります。
Commented by さがみ at 2008-04-29 01:09 x
車軸発電機のケーブル、床下のブレーキロッド類やチェーンなど、昔尾久客車区北端の梶原踏切で間近に見ていた客車の床下を思い出しました。確かにこうだったですよね。一つ目小僧のDD13が忙しく行ったり来たり、その合間を縫うようにキハ81のブルドックが「ひたち」→「いなほ」に変身して入れ換えていたり、横の本線は、特急・急行列車が行き交って華やかだったことを思い出します。当時はカラーフィルムやDPEも結構高くて、小学生が無駄遣いできるようなものでもありませんでしたから、当然客車やDD13なんかは撮影していないのですが、今となってはずいぶんもったいないことをしたな、と思います。
Commented by genta-nozz at 2008-04-29 19:04
さがみ様 コメント有難うございます。

私も小・中学生の頃に親父のニコンを借りて関東周辺まで撮影に行きましたが、フィルム代が高価で36枚撮りを1本持っていくのが精一杯でした。
今になって思い返すと、さがみ様と同じく貴重な車両を撮り逃がしたなと思います。当時デジカメが有ったら良かったですね。
by genta-nozz | 2008-04-28 09:33 | 運転会 | Comments(4)