真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz

ツカくんも加わって 3日目

 暖簾も出ていないのに営業中のお店で朝食です。
c0141782_13444337.jpg


 フニャフニャ系のうどんですが、痛飲した胃腸には優しいです。
c0141782_1346614.jpg


 東九州道の日向ICで降りて、耳川に沿っているR327を進みます。
c0141782_1348226.jpg


 見えてきました。重力ダムです。
c0141782_1349875.jpg

 残念なのは九電の発電所ダムなので、金網で厳重に区画されていて「関係者以外立ち入り禁止」の看板が掲げられているコトです。開放すれば観光資源になりそうなのに・・・。もっとも、そのためには駐車場やトイレの整備も必要なので難しいのかもですが。

 その先にも重力ダム。
c0141782_13534672.jpg

 一番奥のゲートから放水しています。ここも立ち入り禁止でした。

 更に奥に行くとご対面できます。上椎葉ダムです。
c0141782_13554557.jpg


 昭和30年竣工のアーチダムです。
c0141782_13563395.jpg

 放水すると水がクロスして壮観みたいです。

 ダム湖も貯水タップリで、九州を襲った豪雨がいかに凄かったか想像できます。
c0141782_1403194.jpg


 堤体を正面から見ます。
c0141782_1411413.jpg

 雄大ですね~。

 この地は私のリクエストでしたが、2日間連続の完璧なアリバイ工作(?)にも役立てたと思うと感無量です(謎)。

 宮崎市内に戻って夕食です。
c0141782_1435974.jpg


 乾杯っ!\(≧∇≦)/
c0141782_1443984.jpg


 オトコ3人で豪快に焼肉です。
c0141782_1452384.jpg

Commented by 弟子1号 at 2016-07-25 17:44 x
師匠

宮崎市内から高速利用でも片道3時間、往復で6時間掛けて出かけたのになあ・・・(怒)。

俺は凄いダムマニアだと言っている割に画像の解説は重量ダムのみですかあ・・・(怒X5)。

では ダムマニアでは無い弟子が解説。最初の重力ダムは「塚原ダム」で戦前製では堤高87Mで日本一。2番目の重力ダムは「岩屋戸ダム」で同じく戦前製で堤高57.5Mで9位。

最後の「上椎葉ダム」は戦後製ですが国内最初の本格的アーチダムで、これもマニアには垂涎のシロモノ。途中隘路もあり家内の反対を押し切り同行したのになあ・・・(怒X10)。

南九州には他にも面白いダムがあるけど御案内はやめるかなあ・・・(笑)。
Commented by genta-nozz at 2016-07-26 14:13
弟子1号どの コメント有難うございます。

>画像の解説は重量ダムのみですかあ・・・
撮り鉄でも全ての列車に対する知識を持ち合わせていないのと同じですよ~。
興味のある方はウイキペディアあたりで検索してくだされば十分かと。てか、貴殿の蘊蓄もそれの受け売りっぽい感がしますけど(笑)。

>途中隘路もあり家内の反対を押し切り同行・・・
貴殿があまりに難色を示すもんだから、ガードレール無しの砂利道、落ちたら一巻の終わり的な南米の山道あたりを想像してましたが、快適だったっすよ~。
あれほど「運転しようか?」って提案したのに頑なに拒むしぃ(笑)。
by genta-nozz | 2016-07-22 23:59 | 旅行 | Comments(2)