真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz

カラフル

 東京23区内に住んでいますが、拙宅を取り囲むように雑木林や公園があり、緑豊かな環境です。その為でしょうか、家の中にオオスズメバチが侵入したり、歩道でコウガイビルを発見したりします。

 今回も歩道を堂々と横断していました。






 全長10センチぐらいはあったでしょうか。
c0141782_1111377.jpg

 子供の頃だったら狂喜乱舞して捕まえたハズですけど、オトナになると嫌悪感が先に立って触るコトすらできませんね~。
Commented by 燃料補給会・会長 at 2014-09-17 19:41 x

GENTAさんが塗装したのでしょうか?
Commented by さがみ at 2014-09-17 20:36 x
こいつは、「セスジスズメ」というスズメガの幼虫です。特大イモムシで、しっぽが生えているのはまずスズメガですね。蛾の方は地味なのが多いですが、スタイルはジェット戦闘機みたいでカッコイイのが多いですね。時節柄、そろそろ土に潜って蛹になる頃なので、潜る場所を探していたのでしょう。ベースカラーがブラックですが、グリーンのバージョンもあります。模様もパターンは同じですが、それもまたなかなかきれいな配色ですよ。
昔、王子駅横の飛鳥山の線路脇で、こいつの仲間のエビガラスズメの幼虫をバケツに集めて、ガムで線路に貼り付けて潰して遊びましたね。こちらもグリーンと茶色の2バリあったので、交互に並べて貼り付けました。EF65F形総括重連のコキ10000系コンテナ特急に轢かせるつもりで用意しましたが、ダイヤが乱れて普通のEF15の貨物に潰されたりするとショボーンでしたね。特大の10匹集めるのは結構大変でしたから・・・。
Commented by genta-nozz at 2014-09-19 19:24
燃料補給会・会長さま コメント有難うございます。

>GENTAさんが塗装したのでしょうか?
違います。
Commented by genta-nozz at 2014-09-19 19:32
さがみさま コメント有難うございます。

>こいつは、「セスジスズメ」というスズメガの幼虫です。
お詳しいですね~。
毛が生えていないので「毛虫」じゃないのかな・・・ぐらいしか分かりませんでした。
やたら派手な配色なので、逆に外敵から容易に見付けられそうに思いますが、どうなんでしょう。疑問が残りますね。

>ガムで線路に貼り付けて潰して遊びましたね。
私も子供の頃は蟻の触角を抜いてみたりしましたね。虫眼鏡で焼いた記憶もありますね。
オトナになった今ではダンゴ虫すら触れなくなりました。
Commented by さがみ at 2014-09-19 20:37 x
あの目玉模様は、田んぼにぶら下げる鳥よけの目玉の風船と同じ意味があるらしいと聞いたことがあります。あえて目立たせて鳥を追い払おうということなのでしょう。イモムシ系って結構好きなので、子供の頃は結構相手にして遊びましたね。蟻を虫眼鏡で焼くのもやったことありますが、相手が小さいのでイマイチ面白くありませんでした。当時の花形貨物列車に特大のイモムシをまとめて轢かせる方がはるかに満足度高かったですね。最近の地球温暖化で、セスジスズメの3割増し位デカい南方系の「メンガタスズメ」も東京近辺にいるようです。デカいだけでなく、こちらは鮮やかなキイロとライトグリーンの2バージョン、特大に特大を重ねた超特大なのと、尻尾がヘロヘロなのが特徴です。特大イモムシを見つけると、今もワクワクしてしまいます。
Commented by genta-nozz at 2014-09-22 12:14
さがみさま コメント有難うございます。

>田んぼにぶら下げる鳥よけの目玉の風船と同じ意味があるらしい
なるほどです。
あるいは、体内に毒を持った生物ほどド派手な色で相手を警戒させるのと同じような意味合いかも知れませんね。

>貨物列車に特大のイモムシをまとめて轢かせる方が・・・
流石にそこまでしたコトはありませんでしたね~。
10円玉を轢かせたコトはありますけど、親にバレてこっぴどく叱られました。小学生の頃の思い出です。
by genta-nozz | 2014-09-17 11:13 | えと・せとら | Comments(6)