真鍮キット組立をメインにする予定です。


by genta-nozz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

コイツは・・・

 池袋へ買い物に出かける途中、大山-下板橋間の留置線で変わった車両が目に飛び込んできました。
 予定を変更して下板橋駅で降ります。

 スペーシア風に塗られた車両です。
c0141782_14453749.jpg

c0141782_14455529.jpg

 白く塗られた自連がお洒落です。スカイツリー開業の暁にはコイツも塗り替えられるのでしょうか。

 屋根上は意外とシンプルです。
c0141782_1448659.jpg

 車体が平面構成で角ばっているので、比較的簡単に作れるかもです。私には作れませんが。

 近鉄のシュリレーン台車が流用出来そうですが・・・。
c0141782_14502578.jpg

 ステップと干渉してカーブ通過は厳しそうです。

 問題は下の中間台車です。
c0141782_14512837.jpg

 DD54のそれより遥かに難しそうです。

 大山寄りに少し歩くと、こんなのも居ました。レールを運ぶ車両のようです。
c0141782_14535653.jpg

 ずんぐりしていて可愛らしいです。

 新日鉄DLの息抜きに如何でしょうか。
Commented by クモハ32000 at 2011-12-30 19:08 x
genta-nozzさま
マルタイで有名なオーストリアのプラッサー&トゥエラー社製のEM80レール検測車ですね。
両端台車センターと中間単台車が5mの距離を置いていて、線路の高低差、偏位等を測定し、データを記録して走ります。一番上の画像の右側運転室下の白い円筒状のセンサーが「位置検出器」です。
走りながら、記録した異常箇所のデータは、後の保線作業時に「マルタイ」に読み込ませて、その地点の修正に利用されます。
測る→直すが、一連にデジタル化されているわけです。
他の私鉄にも採用されていて、各社三様の塗色で楽しいですよ。
Prasser & Theurer社のHPに形式図が載ってます。
Commented by genta-nozz at 2011-12-31 09:55
クモハ32000様 コメント有難うございます。

>マルタイで有名なオーストリアの・・・
こんな車両が既製品(?)で売っているんですから世界は広いですね。
てっきり東武の自社発注品とばかり思っていました。

いつもご教示くださり有難うございます。
by genta-nozz | 2011-12-30 14:56 | えと・せとら | Comments(2)